ひさしぶりに夜の盛岡に出た

「こつなぎ」の上映会である

経済と所有と自然と、コミュニティと…
合理性と非合理の問題が…
近代社会の軋轢が、これに現れているのだろう

そんなことを考えながら夜の盛岡を歩いていたら

こんな電柱広告が…
高橋君は、こんな広告が効果があると思っているんだろうか?
いや、効果があるから出しているのだろうか?

盛岡の夜は明日からの「さんさ踊り」を前にして、賑わいの前の静けさをていしていた

                 

お城の一角で。無性に蕎麦と酒が欲しくなった。

飛び込んだところでとりあえずのビールと

”もっきり”と”ざる”を頼んだ

うちの蕎麦と比べものにならなくくらい、まずい
手打ちと書いてあるが…まるで乾麺を茹でたような…
ぱさぱさの蕎麦であった

あらためて,うちの蕎麦の実力を実感した