二日続けて弁当の注文が来た。
 

どちらも似たような価格なので、似たような内容になったが…

こういう時は、魔子様は楽だ、
が、朝早く行く。
「なにかあったら大変だ」と心配性なのである。

ところがお品書きは、そんなにテマヒマは違わないので時間がかかる
毎日の時候の言葉を,日々変えて入れないといけないからだ…

                         
別に誰に言われたわけでもないが…
叉、若干変わるメニューの生産者も確かめないと行けない
書式にはまらないと、削ったり、移動したりで時間がかかる
結局30分前に始めても、配達時間ギリギリまでかかってしまうのが常だ

手書きで、サラサラと書けたらどんなに良いのだろう
豊富なボキャブラリーと、上手くなくても個性的な字が欲しい
小生の字は”書いた本人が読めない”という別の意味で個性的なのだが…(泣)

しかし、二日続いた弁当は、二軒とも医療関係である
以前、「高額の弁当を頼まれたことがある」と聞いたことがある
「医療関係の業者の接待のようだ」という
そういう分野もあるんだ!

これで7月は4件目。6月は9件注文があった。
岩手の素材を使った「地産地消弁当」というのが流行だが…
当店の弁当は、旬の素材をつかい、生産者がわかり、加工品を使用しない、すべて手づくりで、
おまけに調味料まで、こだわった弁当です
それも、一日に一件しか受注しない。(配達が、間に合わないからです)
多分、岩手に、いや日本にも、そうは無いだろう!

しかし、これで採算が合うのか?それが一番問題だ(泣)