岩崎家では、幼い子どもたちが作ったのだろうか
もう過ぎた七夕飾りが、あった。

周りを見渡すと、遠くに息子の隆が草刈りに精をだしている

声をかけるには、遠すぎる。近くへ寄るにも時間がかかる
躊躇していると、隆の嫁さんが、昼食の準備で畑から上がってきたのだろうか
化粧っけのない顔で歩いてきた

「そういえば、この前ニンニク洗っていたようね〜普通洗わないじゃないの?」

秋田生まれの賢いお嫁さんは、はきはきと
「あれはニンニクの溜まり漬け用で、漬け物にするので洗ったのです」
「泥が付くと溜まりが汚れるので…。普段は、洗いません」
 

なるほど「ニンタマ用」は”ニンニクのたまり漬け”か?

忍者服部君の、たまたま忍法と違うのだ?

まい子!わかったか(?)