変な電話が、かかってきた
{こびる食堂のそばに、畑があるのですか?」
某テレビ局の取材の申し込みである。
「ちいさな野菜畑という産直まがいの店の中に、こびる食堂があるのですが…」
知名度は、まだまだである。(泣)

「夏野菜というテーマで、番組を撮りたい」と言う依頼である、
夏野菜が、先週からぼちぼち出たところなので、これ幸いと受けた。

しかし、こちらのメニューづくりは、泥縄である。
頭の中には出来ているのだが、肝心の夏野菜がなかなか出てこない

まずはシェフに教えてもらった「夏の竜田揚げ丼」
キャベツとトマトの上に豚肉の竜田揚げを乗っけ、生姜醤油をかけたさっぱり丼
先日シェフに教えてもらった「夏野菜のカレー」
夏野菜を素揚げして、その上にカレーソースをかけるという代物
それと定番の「夏野菜天ぷら定食」
揚げたての夏野菜を通常の定食にして
最後は、「生そうめん」の夏野菜乗っけ
トマトとキュウリとゆで卵をのっけた素麺であるが、この古舘製麺の素麺が絶品
昨年、何かの番組で取り上げられ、注文が殺到したが、タイミングが合わずにメニュー化をし忘れた
素麺というのは乾麺で、ゆで時間がかかるというイメージなのだが、これは生麺で2分で茹でられる
それでしっかりと腰があり、ぬるみもある。優れものである。

                                

厨房で魔子様が「これは、どう飾り付けするの?」と言う言葉を聞いて
ディレクターは「これから試作するのですかぁ?」と不安げ
「夏野菜が出てこなかったのだから…」と小生は言い訳
だいたい、原材料が出てくる前にメニューが出来ているのは、おかしいのだ!
野菜が出てきてからメニューを考えるのが、旬を大事にする当店の方針だ!と開き直る
飲食業は、定番のメニューが決まっている。
それを、おかしいと思わないのだろうか?だいたいトマトが無い時期に、トマトが出てくる。
そして一年中同じ値段である。メニューを守ろうとすると、無理がでてくる。
中国産をつかったり、合成保存料を使った加工品をつかったりと、よからぬ技を使うことになる
だいたいが飲食業は儲からないどころか、経費を稼ぐのが精一杯である(実感である)
食材の原価率を聞くと、多くの人が驚くだろう。良い材料は使えない
「食卓の裏側」と言う西日本新聞でだしている小冊子がある。
それには廃棄された弁当を、養豚業者がエサにしていると奇形が生まれる率が高いと言う

話がそれた
つまり、野菜を見てメニューを考えるのが正しい姿勢なのだ!と声を大にして…

     

取材の合間にコメント求められる
だいたいテレビカメラを向けられてしゃべるというのは、難しい
左側から撮ってもらったほうがいい男なのだが…右側から撮られる(泣)
予想もしていない質問をされると、口ごもる(汗)
解ってもらおうとすると説明が長くなり、途中で端折ってしまう(苦笑)
まぁ〜今回は、録画編集だから…
そんなこんなで、二時間をかけて撮影が終わった。

                          

最後に「だんなさん、野菜を運んでいるところを…」
レタスを、台に並べる仕草を、撮る
ふだんは、そんな仕事をしない。

放映は、11日(日曜日)投票日の午後4時55分〜
いつも深夜なのですが、今回は参院選なので…
岩手の名番組「夢見るピノキオ」です