松園新聞の原稿を書いた

創刊号以来、毎月書いている
広告なのだが、コラム風にしている
従来の広告は、商品やイベントを知らせる広告が主流です
「意見広告」や「イメージ広告」もあるが…
当店のは、「情報広告」「姿勢広告」とも言うべき物である
農業情報や当店の姿勢を表現した広告にしている
どれだけの効果があるかは、解らない。
しかし、商売というのは信頼を売ると言う事だと思う

ある人が「良い物を安くと、あちこちを探していたが…、もっと良い物、もっと安い物が出てくる」
「これからは、好きな店で買う、そうすれば納得する」と言っていた

そういうことだろう。
好きな店になるためには、当店の姿勢や、情報を流すことが最大の広告ではないだろうか
 

7月号の原稿

「いただきます」

お客様が言っておりました。
「今年の天気は、昭和50年代の冷害のあった年の気候に似ている。
6月が暑くて7月は梅雨が長引き、梅雨が明けなかった。出産した年だから、鮮明に記憶が残っている」
稲作にとって、一番肝心なのは、7月後半の温度と89月の積算温度です。
7月後半にいつも低温が来ますが、その低温が稲穂の形成期にあたると、障害不稔という、稔らない穂が生まれます。
また穂が出ても、その中に十分にデンプンを溜めるための温度が積算温度です。この積算温度が足りないと、ちいさなお米しか実りません。
今年は45月の低温を、6月になんとか回復したような感じですが。そういうわけで、まだまだ油断は出来ません。
冷害は、起きて欲しくありませんが、農作物は自然の恵みで、工業製品のように生産を人為的にコントロール出来ません。
「海外から輸入すれば…」という人もありますが、グローバルな天候不順で自国の民を犠牲にしてまで輸出する国があるかどうか…
冷害の度に「農業の大切さ」が叫ばれますが、翌年豊作になるとケロッと忘れるのが日本人です。
食事の度に「いただきます」というのは、作ってくれた人だけでなく、自然の恵みに感謝を忘れないためでは、ないかと思います。