庭のサルスベリが高々と青々としてきた。


枝も、猿が滑りやすくツルツルとしてきた。
サルスベリが、「百日紅」と書くと、知ったのは,中学校の頃だっただろうか?
得意げに、言いふらした物だったが…

鎌倉の極楽寺の茅葺きの山門をくぐると、見事な百日紅があった。
横に這い、堂々たる大木である
最後に見てから30年近くも経つ。今も、残っているのだろうか?
庭の百日紅は。ひょろひょろと高いばかりで、風格が感じられない
剪定の失敗か?地主に似たのか?

柿の木にも、小さな実が付いた
岩手では、甘柿がならない。渋柿ばかりである。
しかし、渋を抜くと言う技が定着しているのか、渋柿が売れる。
昨年は、全て干し柿にしたが、皮をむくのが大変。
梅さんの友人”ひろみさん”に、全てお願いしたが…
「俺を殺す気か?」と言われた。
大げさと思いながらも、コンテナで5〜6個、有っただろうか?
今年は、大胆に剪定したから、収量はそんなに多くないだろう
なんせ頂上付近は、剪定ばさみが届かないほど高かった。
 

まだ夏が始まったばかりだというのに、庭の木々は着々と,青々と,秋に向かって準備を始めた