店の土手の紫陽花が、咲き始めた

      

  

この紫陽花は、「岩泉のアジサイおばさん」が植えていったのものである
なんでも岩泉か?田野畑か?おばさんの所では、林の中一面の紫陽花畑だという

紫陽花は日陰でも、手入れをしなくても、「良い」と言うので大量に植えてもらった
もともと紫陽花は好きで、鎌倉によく行った三十代、時期になると紫陽花を尋ね歩いた物だ
ただガクアジサイがすきで、
おばさんにも「ガクアジサイだけ頼む」と言ったが
おばさんは、不服そうだった。
そのうちに隠れて丸紫陽花(?)が植えられていた。
まぁ、ところどころに見えるのも良いか?
 

咲き始めの紫陽花は、まだ色が乗っていない。
そんな紫陽花を見ながら、土手の草刈りをしていると
女性がカメラを抱え撮るポーズをして、了解を求めているのが視野に入ってきた
「いいよ!」と指でOKマークを出した。

彼女は小生ではなく、紫陽花が趣味だったらしい