「ワールドカップ」「ワールドカップ」と騒がれている
「ワールドカップというのは、Aカップか?Bカップか?」と聞いたら
「Wカップ」という

そうすると、首の後で蝶々結びが出来るほど大きいのか?
小生の友人は、波板トタンに(洗濯板は死語なので変えた)干しぶどうが多いから
是非、半分分けてあげたい物だ
と思うW杯の試合が行われる土曜日の夜に、低アミロースの試食会という名の宴会が開かれた
主催は、武田哲だが、なんか領収証は農業団体名でだった

お米のデンプンにアミロペクチンとアミロースの二種類がある
餅米には、一切アミロースが入っていない
(多くの人がアミロースは、”網タイツとズロース”と間違えて覚えておりますが。違います
餅米は、アミロペクチンが100%なのです。
通常のうるち米は、アミロペクチンが80%アミロースが20%と覚えておけば間違いがない
そのアミロースの割合を低くしたのが「低アミロース米」なのです。
ようするに餅米に近づけたと言う”うるち米”です

武田哲の合鴨農法ヒトメボレとの比較写真です

     

左が合鴨農法無農薬米ひとめぼれ
右が低アミロース米、「岩手91号」

写真を見れば一目瞭然、低アミロース米は餅米のように白濁しています
「冷めても美味しい,弁当などの業務用に…大量に売れるかも…」
それをお握りにして食べ比べ

ついでにベアレンのビールと武田哲の深山錦で作った「芳梅」
   
それに「陸羽132号」と…

だんだん夜は更けていき、「1−0で負けた」と
ワンセグを見ていた紫波の高橋農園の社長高橋淳が…

翌日の翌朝(?)自宅で玄米を炊いた

             

魔子様は、「ぱさぱさしていなく美味しい」と言う