冷やしのメニューを増やした
「冷やしぶっかけ」と「中華ざる」である。
冷やしぶっかけは、「そば」と「うどん」と「中華麺」との三種ある

そばの写真は無い(たまたま売り切れた)  

卵と納豆と旬の野菜が乗っている

 

中華ざるは、麺だけである

しかし、こだわりは、麺が違う、たれが違う

麺は、純国産麺の青龍麺である。
たれは、煮干しと鰹節と椎茸とさば節を十分に煮だして「醤次郎」を加えた物である
さっぱりとして腰があり、腹が出る(?)

「中華ざる」という呼び方は、多分盛岡だけであろう
あちこちで探したが、どこにもそんなメニューはない
誰に聞いても、「知らない」
だいたいが全国的に「つけ麺」である
しかし、誰が「中華ざる」と名付けたのだろうか?

麺の町盛岡は、「わんこそば」「冷麺」「じゃじゃ麺」を三大麺という
それに”中華ざる”を加えて「四麺」というのはどうだろう(四面楚歌の小生が命名)
何か一つ見つけて「ご免」もいいなぁ〜
いつも謝っている入道の独り言でした(泣)