久しぶりに松尾の古川恵一夫妻がきた

「ヘチマの苗を欲しい」と…
なんでも学校から頼まれた苗が、ほとんど低温でやられたという
こちとらも低温でヘチマの苗が三分の二ほどやられてしまった。
残りの苗をあげると
「今、野菜が出てこないでしょう。」と言う
「4月に播いた苗が、ほとんどそのままの状態。仕方がないのでトラクターで踏みつぶした」という

そういえば岩崎和代も
「オクラの種が発芽しないので、又蒔き直した」と言っていた

平成5年の冷害の気候に良く似ている
気象の専門家は「きゅーさん冷害」と呼ぶ「1993年の冷害」という意味である
1993年は、農業関係に入って3年目だっただろうか?
何も知らない小生は、農場の社長の指示で盛岡・玉山・滝沢・西根と23枚の田んぼを借りて5月はあちこちに田植えに飛び回っていた
田植機をトラックに乗せて…
水温が冷たいのと…晴れの日が少ないのと…風が冷たいのと…長袖を着ていたことを思い出す

ここ数年、冷害が来ていない。
そろそろか〜