定例の、月一回の夕食会をした。
一月に1度だけ、店の運営に関わっている人だけで、夕食を食べながら、話をする
まぁ〜新しいメニューだったり、以前のメニューの改良だったり、作業の確認をしながらの2時間である

                   

今月は、シェフが5月末までなので、シェフの新しいメニューの提案です。
味わいポーク丼の売れ行きが、もう一つなのでシェフに

「豚肉を使った新しい丼料理を…」と言うお願いをした。
出来たのは竜田揚げ丼です。
豚肉の薄切り肉に味を含ませて、唐揚げにして、生姜のソースを上からかける
千切りのキャベツと、トマトがたっぷりと添えて、さっぱり風味のさわやかな丼ができた

「夏向けだね。暑いときにも食欲がすすむ」

ところが岩手は、まだキャベツが採れない。トマトも採れない。
6月中旬以降のメニューです

つぎにデザートです。山地酪農の牛乳を使ったババロア
「ねっとりと舌にからんで山地酪農の旨みが凝縮している一品」

「これに秘伝を使ったら野菜畑らしいデザートができるね」
「豆で…きな粉で…作ってみましょうか」

シェフがいると「楽だ」
打てば響く鼓のように、料理のアイディアが次から次へと出てくる
シェフは、6月末に、新しい店をオープンする
それまでに新しい店のメニューを食べる会を、開催しなければ…
しかし、その店は、ビーガン対応のマクロビオテックの店だという

肉は使わない。出汁も魚系は使わない。
お寺向けの精進料理だ!


しかし、あのお寺には向かない。
いつも「賞味期限切れの短角牛を持ってこい」と和尚は言うのだ(笑)