盛岡駅の真ん前に、鉄骨がむき出しになった橋がある
開運橋である。

     

小学校のころ、北上から遠足で盛岡に来たときに
バスガイドから聞いた。
「この橋を渡るときに目をつぶって願い事を唱えると、かなう」

それ以来、この橋を渡るたびに願い事をするようになった
「宝くじが当たりますように」
「生活に困らないだけのお金を…」
「1億円を拾えますように」
お金のことばかりだが、お金に縁がない人生が続いている(泣)

「最近」と言っても、2〜3年前の事だが。田口友善さんのコンサートで
この橋が「二度泣き橋」と呼ばれていることを、知った。

なんだか転勤族から出てきたようで…
最初に盛岡駅に降り立ち、駅前の橋を渡るときに、こんな僻地に飛ばされたと淋しくて泣き
再び転勤で盛岡を離れるときに、熱い人情と自然にあふれる盛岡をはなれると悲しくて泣く
それから開運橋が別名「二度泣き橋」と呼ばれるようになった、と言う

明治の頃、鉄道が通って駅舎を作るときに、街中にそんな施設はいらないと言うので
街外れの北上川の向こうに盛岡駅は建てられたと聞く。
 小学生の頃、盛岡駅に降り立つと、大きな橋と、せいぜい二階建ての淋しい町並みがあった。
こんな処に降り立てば、だれもがそう思うのだろうな〜

 

そんな盛岡に4年ほど前に若い夫婦がやってきた。
群馬で生まれ、初任地の仙台から、新しい事務所を盛岡に開設するためにやってきた20代半ばの若者である。
”こんな若造が、そんな仕事が出来るのか?」と思いながら、じっと見守っていたが…
なんといっても後輩であるし、又、後輩の息子でもある。

やがて盛岡の産院で子供が生まれた。
「いい街ですね〜。盛岡に永住したいですね〜」
若者から、そんな言葉を聞いたような気がする。
最初、仙台生まれの奥さんは
「遊ぶ場所が少ない」というようなことを言っていたが…

数年経ち「当分、転勤が無い」と言っていた一ヶ月後
”仙台の状況が悪い、人手が足りない”と言うことで急に転勤の辞令がでた
「なんで僕が?」という驚きとともに、夫婦は遅い桜が散り始めた盛岡を離れた。
 

離れる前に来店した夫婦は
「せっかく知人も出来、子どもの保育園が決まって、通い始めたのに…」
と奥さんは、嘆いていたが…
幼子に呼びかけた
「この子は、大きくなったら盛岡で生まれて育ったことを忘れてしまうのだろうね〜」
若者は、
「大丈夫です。名前は愛永(アイーナ)で、本籍を盛岡にしましたから…、盛岡は最高の町です」

二人が三人になって”二度泣き橋”を泣いて渡っただろうか?