「こっちよ!」
”店に出勤しよう”と車を走らせ始めたとたん、魔子様が言う。
慌ててハンドルを切ろうとする。

「なんだ?どうした?」
「ゴミの場所が変わったので、教えたの!」

急に脈絡のないことを、いつもポツンと言う魔子様であった。
昨晩は、Uターンラッシュのニュースをみながら
「また会社だね〜」という
なんの事を言っているのか思ったら
東京に行っている息子のことを言っているらしい。

ようやく連休が終わった。
終わったというか、今日・明日と休めば、まだまだ連休中なのだが…

しかし、今年の連休商戦は、花見に負けた。
盛岡の花見は、街中である。
岩手公園・高松の池が、花見の宴会場である。
そのほか、石割桜・中央公民館などが観桜の場である
石割桜は、満開が3日ごろだっただろうか?

           

昨年は、たしか4月の15日頃だったような期がする。
例年連休前に花見が終わって、連休中は葉桜、そして上米内浄水場の枝垂れ桜を見るために店にたちより

「上米内の浄水場は、どこ?」と聞きに来る客が多いのだが…

4月の低温で、花壇苗や野菜苗はさっぱり売れず、ようやく暖かくなった連休も花見にやられた。
花見には、勝てない。畑仕事より、まずは花見なのだろう!
なんせ、満開の時期は二〜三日しかないのだから

昨日街中を、車を走らせていたらもう桜吹雪が舞い始めていた。
50も半ばを過ぎた頃から、いや入院生活を長く続けてきた頃からか?

来年も、桜を観ることができるだろうか?
と思うようになった。とはいえ摂生した生活をするわけではないが…

花見と4月の低温で山菜が異常に遅れた。
それが連休の敗戦の、もう一つの大きな原因でもある。
まだ「こごみ}しか出てこない。とおもったら
「もうこごみは、開いた」という情報が…
「タラの芽がでてきたが、3パックだけ」
「コシアブラをお土産でもらった、売り物になるほど採れない」
「今年は、あっという間に山菜が終わってしまうのでは…」
今年は「山菜定食」をやろうと思っていたのに、これでは出すタイミングが…
ようやく沢内・五大堂・姫神・葛巻・安比と、山菜の宝庫の採取者がそろったというのに…

           

遅れて、今週末ぐらいから出てきそうな、予感はするのだが…