ちいさな野菜畑

ちいさな野菜畑ブログ

常識をぶちやぶる

ふと、行ったことのない道を走ることがある。
「ここを行けば、どんなところへ出るのだろう?」
行ってみたら行き止まりだったり、民家へ突き当たったり、狭くて車が入れなかったり

あるときは、林道に入り込んで、片側が崖、片側が森で突き当たりは通行止めの柵があり、
「熊出没注意」の立て看板が出ていたりする。
バックで数百メートル戻ったが…全身汗だらけで躰が、ねじれた

あるときは、砂利道の急斜面を上り、頂上へもう少しというところでタイヤが空転し
そのままバックで、ハンドルを切り替えながら下まで降りてきた。
首が、ねじれた

好奇心が旺盛なのか?向こう見ずなのか?単なるバカなのか?

しかし、今回は大丈夫だ。なんと言ったって舗装してある。標識もある道である。
見慣れない山だが、だいたいどの辺の位置を走っているか、わかる

田んぼも水面に民家を映してのどかな雰囲気である

心安らかに運転をしていると「やっぱり、ここへ出た。」と言うところまできた。
産直銀座と呼ばれている396号だ。

ここまで来たからには、産直巡りを…   と3軒ほど回った。

しかし、どの店も似たり寄ったりである。空かごばかりで今の時期ほとんど物がない
秋に採って保管してある林檎や林檎ジュース・春堀の長芋・3月にハウスに種を蒔いた葉物
農家の余り苗のような野菜苗・山野草・そして山菜である。
 

山菜が豊富だと思っていたら、どこも申し訳程度に置いてあるだけである
当たり前ですね

農家はもっとも忙しい時期は一年に3回
5月 田植えと野菜の定植
8月 春植えの収穫と秋の種まき
10月 稲刈りと秋の収穫

年から年中忙しいが、特に忙しいのがこの時期である
特に5月は、荒かき・代掻き・田植え・捕植の水田作業。畑をおこして畝をたて、苗を植える
それを天気と人手が左右する。

こんな時期に山には入って山菜採りなどと悠長なことをやっていられない
山菜を採るのは、年取ったじいさん・ばぁさんの仕事である
また秋のキノコの時期1は、最盛期が10月と重なり同じように忙しい
おまけに地域の山だから、同じ物だけが並ぶ
ウルイならウルイだけ。コゴミならコゴミだけ…
山の産直なら、一杯山の物が並ぶだろうと思うのは幻想である

ある人が言っていた

「山菜を探して、あちこちを回ってきた、何軒かで、ようやく集めて、盛岡に戻ってきたら、一番ここが揃って充実していた」

                


         

当店は、山が好きな市民が、紫波。玉山、葛巻、岩泉、安比、そして秋田まで
かけずり回って集めてきます

「山の産直には、山の物が…」という常識を疑ってかかってみませんか?
常識をぶち破らないと、新しい時代が切り開けません(大げさだな〜)

親父に会わなければ…

        

ゴルフ場に行った。
ゴルフをしに,行った訳ではない。
コンペの参加賞を、届けに行った,だけである。

そういえばゴルフは、もう何年もしていない。
しようとも思わないが…

学生時代に、親父に連れられて行ったのが最初である
親父は仲間から「キカイダー」と呼ばれていた。
理系の親父は、はまった。理論どおりに躰を動かすことを考えていた
毎日、庭に打ちっぱなしの小さなスペースを作り朝練習。家の中ではパットの練習、休みは練習場かゴルフ場
そして練習場で倒れ、そのまま帰らなかった。

そんな親父に教えられるのだから、たまった物ではない。
こちとらB型のずぼら系体育会だ!(そういえば親父もB型だった)

思いっきり振って、あたればホームラン、あたらなかったら、池。林。人混み。クラブハウス
そういえば、後ろに飛んだこともあった。(汗)

だいたい、あんな小さな球に細い棒の先っちょに当てようなんて言う芸当が性に合わない
豪快に抱え込んでぶち当たっていく、人生を切り開いていくには、そんな迫力がないと…
(ちょっと勘違いしているかも知れませんが…)
「肩が回っていない」「腰が落ちていない」「腕が…」「顔が悪い」「隣のねぇちゃんは見るな」
と親父の注意は、とどまるところがない

それでイヤになったが、会社勤めをするようになると、付き合いと接待ゴルフである
一応、人並みのスコアーを出さなければ…と思って練習場に通った
しかし、自己流であるから、上達はしない。
小生が、ティグラウンドにたつと
「4番!サード”腹”」と言って腹を突き出すのが定番となった(泣)
(このギャグは、ゴルフを知っているしかわからない)

盛岡に帰ってきても、勤めていた社長がゴルフが好きで、よく行った、
接待ゴルフだから負けないといけない。(言い訳である)
だいたい優勝したときの挨拶をするのが恥ずかしい。(?)

そんなわけで、自分で仕事を始めてから、ゴルフはしない、していない、できない。
靴もクラブも、どこへ行ったのか?探す気もない

こんな名言がある

誰 だってシングル・プレーヤーになれる。ただし「教え魔」に会わなければ、だ。   
                   ヘンリー・コットン 

親父に会わなければ…
 

降参

店から自宅に帰ってくると、まず服を抜いて夕刊に目を通し、それから、おもむろにニュースをみながら晩酌をする。
寒ければ熱燗、暑ければビール、どちらとも言えない時は”もっきり(コップ酒)”である。
最近は、「熱燗」と「もっきり」と「ビール」が、交互である。
それだけ、気温の変化が激しいという、小生の体内温度計である。

今日は、「もっきり」を呑もうと夕刊を広げる。
夕刊は、いつも一面の見出しを見て、その下のコラム「交差点」を見る。
日替わりで筆者が替わり。社会時評や家庭問題など結構おもしろいコラムが多い。

「今日は…」とひろげたら

なんだか小生のblogをもとに書いた内容である。

ふむふむ、なるほど、なるほど、

単なる小生のような、批判のための批判ではなく、
一歩突っ込んで政策と結びつけ、きっちりと批判し。最後に落ちを作っている

  う〜ん!上手い!

まったく、この筆者には「降参」である。

苗とあすぱら

北上に行った。江釣子の八重樫真純の処である。
今摺り米用のヒトメボレの引き取りである。

北上市議会の副議長でもある八重樫真純は、議長の替わりに中国にいって、帰ってきたばかりである。
大きな家は、シーンとしていた。呼び鈴を押すとおばぁちゃんが手押し車で出てきた。

「そろそろ昼時だから、帰ってくるども」
「じゃ〜待ってるから…」

育苗ハウスは、残り苗なのだろうか?だいぶ少ない。

                      

"へぇ〜奴はプール育苗をやっているのだ”。
サボっているようで、ちゃんとやっていることは、やっているのだ

プール育苗=プールを作って育苗箱を並べる。水やりがいらないし、均一に水がかかる
ハウスの中なので、水温が上がり保温性が保たれ、稲の生育が均一になる。
デメリット=水平を出すのが、かなり難しい

アスパラ畑は、もう養生に入っている。

        
アスパラは、種を蒔いてから3年後に収穫する。
春に芽が出てくるのを収穫し、春の終わりに、そのまま生育をさせ十分に成長をさせ光合成で養分を寝に蓄え
翌春に、再び芽が出たところを収穫する。
いったん収穫出来ると、毎年,何もしなくても収穫できる優れものである。

八重樫真純は
「堆肥をたっぷりやっているから、美味しいのだ」と自画自賛している
ソムリエの田崎伸也が、”絶賛した”というのが彼の自慢である。

 

育苗ハウスや畑を覗いて、戻ってくるとちょうど息子が田んぼから上がってきた
「親父は東京。お袋は、用事があって…。家の回りのちいさな田んぼを植えれば、今年の田植えは終わり」
と言って、慌ただしく田んぼへ戻っていった。

トムソーヤーの冒険

自宅のそば。それも歩いて10分もかかるか?
坂道があるから15分かな?

坂道を上り詰めたところに。トムソーヤーは、いた。

        

       

30年掛けて整備したそうだ。
単なる裏山を、木々を伐採し、段々畑を作り、道を通し。階段を付け
あちこちに展望台を作り、丸太を伐って椅子やテーブルを作り、ブランコを作った。

途中には、ブロックを積み上げて石焼き釜をつくり、小屋を建てて電気を引き
水道を通し。階段には自然発光の照明を付け、薪ストーブの薪を積み上げ、
様々な木々を植えて、そこには名札を付け、
春の山桜と、夏の緑と、秋の紅葉を楽しめる空間を作った。

現代のトムソーヤーである。
その69歳のトムソーヤーは、言った

「畑、貸すよ。あんた”ちいさい畑”やってるんだろ」
「ちいさな野菜畑は、やっておりますが…、ちいさい畑は、草ぼうぼうにしておりまして…」
とんちんかんな返事をしてしまった、

こんなところで、夕焼けの岩手山を望みながらビールを飲みたい。

蛇と蜘蛛

寒いね。5月末で薪ストーブを焚くなんて言うことはあっただろうか?

                   

「今年は、薪が十分に足りる」と思ったが…
4月は目一杯ストーブに火が入り、5月になっても時々火を入れた
5月中旬頃から暖かくなり、「これで大丈夫」と思ったのに…
薪が、あと1週間分ぐらいしかない

マー坊が、「薪が足りなくなった。こぶで割れにくい赤松を割りたいので薪割り機を貸してくれ」
と言って薪を割っていった。


一体全体、どうなっているのか?
これだけ寒いのに、草はドンドン伸びる。

ようやく今年一回目の草刈りをした。
年に
3〜4回の草刈りをする。

うちの魔子様が「土手に蛇が出る」というので、おそるおそると…

蛇は嫌いだ、見ると足がすくむ。

魔子様は、「蛇は何ともないが、蜘蛛が嫌いだ」と言う
小生は「蜘蛛は何ともないが、蛇は嫌いだ」

違うから良いのだろう(?)

山菜づくし

岩手山が雲に覆われて見えなくなった日

冷たい雨の降る中、岩手町に向かった。
工藤昇は、
「花が動かなくて…、カタログを見てあれこれ注文をしたのが…多かった」と
花が咲いて大量に花苗が残っている育苗ハウスで嘆いていた

千葉忠栄は、留守だったが…
ブン伸びた小松菜を、「厨房で使ってくれ」と置いてあった

そんな日に
「岩手県外から来る人に、食べさせる岩手らしいお弁当を…」という注文が舞い込んだ
朝早くから、シェフとうちの魔子様が作る

あたしゃ〜、そばで、つまみながらお品書きを…

 あいにくの雨ですが…。岩手は、今が一番良い季節です。
桜が終わって、新緑にツツジや牡丹が咲き乱れます。
 岩手は、春は一斉に花が咲き、短くて暑い緑の夏があり、燃える紅葉の秋、そして白く長い冬と…四季が明瞭です。残念ながら今の時期は、野菜が豊富ではありませんが、その代わりに山菜が豊富です。
山菜を、たっぷりと使ったお弁当を用意しました。 

短角牛・うど・ふきのピリ辛炒め
         南部短角牛(久慈市山形町 北風土)
         うど(盛岡市厨川産)
         ふき(盛岡市五大堂)
ウルイとタラの芽の天ぷら
         ウルイ(葛巻町江刈川)
         タラの芽(盛岡市玉山区)
お浸し      ワラビ(岩手町川口)
         人参(岩手町一方井)
         キュウリ(埼玉県産)
アスパラとミニトマトのゴマ和え
         アスパラ(北上市 八重樫真純)
         ミニトマト(栃木県産)
だし巻き卵    卵(奥州市菊池農場)
羽釜炊きご飯   米(ひとめぼれ 北上市 八重樫真純)
お茶       三年番茶(京都 播磨園)

 調味料は、当店オリジナルの秘伝を使用した「醤次郎(醤油)」「豆蔵(豆味噌)」「米蔵(米味噌)」軽米町古里斉の南部小麦、沖縄豊見城塩等、当店で販売しているもので調理しました。
ご意見、ご感想を、いただければ嬉しく思います。

                        

山菜づくしの弁当です

なんだろう?

なんだろう?なんだろう?

と昨年は、自宅の庭を注意深く観察をしていたが…

       

 

 

ポピーだった

 

昨年、工藤昇に販売する”ポピーの苗”を頼んだ

{こんなの作って良いのですか?」と聞かれたが…

これが芥子の花だったとは…

 

ケシ4百株が7都県に流通 神奈川県見抜けず

当店で販売した物は、観賞用のポピーです。

宿根草なので、植えたらそのままで、翌年も咲く
結果、今年は売れない(泣)

硫黄島からの手紙

日本兵から手紙が届いた。(日本兵については、3月20日の「日本兵帰還」をお読みください)
どうやら硫黄島から逃れて、「尼部隊(あまぶたい)」へ行ったようだ
(「尼額」という地名が、言葉で聞くとそう聞こえる)

興味のある方、入道あてメールをいただければ…

 

 

関係各位の皆様へ

 毎度、お世話になっております。
卒論のために「焼畑」を実践いたします。
火入れには1haまで10人の火入れ従事者が
条例で定められています。(現在確定2名)
多くの方が見学、ついでに手伝っていただきたく存じます。

詳しい日程は以下の通りです。

火入れ場所:岩泉町尼額字細入63 高屋敷家所有原野2.4アール
日時:平成22年6月6日(日)※天候により5日なることも
開始時間 9時ごろ
消火予定 12時ごろ
(消火後、直ちに「鋤おこし」と「畝立て」を行います)
当日は天候や風の影響で中止または延期する可能性が
十分考えられますので、ご容赦ください。

5日からいらしても構いません。寝袋があれば泊まれる
宿も準備してあります。移動手段は提供できないので、
乗り合いや公共交通機関でお越しください。
駐車場は一応あります。「尼額公民館」を目指してきてください。
手伝ってくださる方、見学に来てくださる方は、事前に
ご連絡をお願いいたします。

ポット育苗

     

田植えが真っ盛りである。
土曜・日曜となると、あちこちの田んぼに、人の姿と田植機が見える。

米を納品にきた武田哲は
「田植機が壊れた。中古の田植機だったので、部品が摩耗して交換に40万かかる。
 また中古を買えば60万だが、新品の田植機は1台280万する」という。
新品の田植機は100町歩(1町歩は3000坪)の面積を植えると寿命らしい

「計算したら、中古を買い換えながら行った方が安上がりだ」
と言うので中古を買い換えるようにメーカーと話をしたらしい。
彼の田植機は、ポットの田植機である。

 

昔と言うか、昭和30年代までは、田植えは手植えだった。
それが40年代になって、急速に田植機が普及し、田植え作業が肉体的に楽になった。
と同時に、人手がいらなくなった。そのへんから、人口が農村から都市へと移動した。
 また田植機で植えると一株一株の間が小さい。
手植えの時は、30センチぐらいの大苗を尺植えといって大きな間隔を取って植えた
機械植えになると、10センチに満たない小苗を、密植といって株間が狭い。
そこで風が吹き抜けなくなった。
風があると、菌や虫が飛ばされるのだろうか?病気になりにくい
ところが田植機稲作は、密植のため風が吹き抜けず病気になりやすい
昭和40年代からだろうか、農薬を多投するようになり、農家自身も農薬被害があったが
それを食べ続けた消費者が、50年代からアトピーや花粉症など原因不明の病気が増えてくるようになった。
という説がある。
あながち無視できない説である
 

また密植は、収量とも関係する。密に植えるとそれだけ収穫量があがりそうであるが
現実には、水田に降り注ぐ太陽光の光合成でブドウ糖が生産される。
1反歩(300坪)にふりそそぐ太陽光は、一杯植えたからといって、それ以上降り注ぐわけではなく
光を受ける稲の葉っぱが、多いぶんだけ稲の粒が小さくなる。
だから天気が良ければ収量は上がるが、天気が悪ければ(日照量不足)小粒の未熟米が、多くなり収量はおちる。
そういうことで不安定な稲作になる。
人は、豊作だから鱈腹食べて、不作の時は食べなくて良い。という事にはならない
 

そういう田植機稲作の箱苗育苗の欠点を補ったのがポット育苗である。
これは、一株ごとに連結のポットに種を2〜3粒落として、大苗を作り、ある程度間隔を開けて植えることができる
間隔が広いから、株間を合鴨がすいすい泳いでいく。
しかし、これは種まき機械から、田植機、そして広い育苗ハウスを必要とする。
多くの無農薬で稲作をしている農家は、ポット稲作が多い。
それだけ費用がかかっている

武田哲は、ポット育苗合鴨除草を組み合わせ、ひとめぼれ・あきたこまち・ささにしきを無農薬栽培している

月別アーカイブ : 2010年5月

1 / 41234