ジャガイモをこちらでは、「二度芋」という。
 

以前から「ジャガイモは5月10日までに植えないと…」というが、なぜか?
11日に植えたらどうなるのか?20日に植えたらどうなるのか?
いろいろと試してみたが、なった!

それよりも参るのはテントウムシである。あっという間に葉を食い荒らす
そのままにしていたら、ちいさな芋しか取れない
やはり葉っぱが重要な役割をしているのだ
という当たり前のことが分かった。

で!5月10日だが…。”二度芋”と言うことを聞いて、ハタと思いついた。
5月10日までに種芋を植え込むと、8月初旬に収穫が出来る
8月初旬に収穫出来ると、秋の野菜(大根・白菜・キャベツ)の播種が出来る
それ以降になると収穫時期が霜や雪になって収穫出来ない。
それで二度収穫出来る芋という名で二度芋というのである。

そのジャガイモは、昔は男爵とメークィンがほとんどだったが

今は、その他に北海こがね・アンデス・キタアカリというおなじみさんから
最近は、インカシリーズでインカのめざめ、インカゴールド、インカの星、インカパープル。インカレッド・ソレデイインカ
などなど(うちひとつは、いい加減な名前です)
 

数年前からシンシアという名前のジャガイモが出てきております。
名前が良いから売れるだろうと仕入れているが、これがなかなか売れない
早く結婚した南沙織とは、全然違う(このギャグが分かる人は、団塊の世代です)
映画好きの和尚なんかは「”キリマンジャロの雪の”エバ・ガードナー」でしょうか…
用途は生食用で、スライスしてサラダや煮物などに向きます

そんなジャガイモの種芋を仕入に、岩手山麓にある柳川採種会に向かいました
いつもの春子谷地は、

なんと岩手山が、すっかり消えてしまい。

          

ときおり小雨が降る天気でした。ちょんちょん終わり。