またまた弁当を頼まれた。
難しい弁当である。

「岩手の食材をつかえ」
「こちらから提供するもので、作ってくれ」
「あっさり系のメニューで…」

こういう難しい注文は、うちの魔子様に丸投げである。
いや易しい注文でも、丸投げであるが…
なんとかという財団法人と一緒である。


しかし、岩手の食材と言っても…
今は無い。
保存したものは、そろそろお終い
畑は、まだ雪に覆われ、山菜もまだ芽を吹かない

しかし、不可能を可能にするのがうちの魔子様である

前日から、北風土から教えてもらった短角のアスパラ巻を用意
                                                  

当日は早朝から、萌えみのりと紫こぼしのご飯を羽釜炊き

                                   

指定された国産の菜種油を使い

                

あっさり系の揚げ物を揚げ(?)

                                 

いろいろと…つくり並べて

              

モールドの弁当箱に詰めて

                                                           

具だくさんの豆蔵の味噌汁を付けて…

やっと出来たが、指定時間にちょっと遅れた。

一体これは、採算に合っているのだろか?

うちの魔子様の時間給を300円にすれば、なんとか会うのだが…
今晩は機嫌を取って、焼酎のお湯割りを鱈腹のませてやろう