「このtwitterの下に、”ブログ更新しました”と言う文字を入れよう」とホームページを作ってもらっているパソコンの師匠に言ったら…

「ブログは、毎日更新するものです」と言われてしまった。

昨日は、更新しなかった。
何となく気ぜわしい細かいことが多く、その現実逃避としてちょっとtwitterを読んでいたら、とんでもないことに出くわしたのである。
厚労省虚偽記載事件、村木厚子被告の公判で、石井一議員が証人尋問をされているのを江川紹子と竹中なみが、twitterで実況中継をしているのである。

http://d.hatena.ne.jp/Tony_Shikaku/20100304/1267713363

「冤罪はこうして作られるのか?「検察は、正義ではないのか?」「恐ろしいでっち上げ!」「この裏には、何があるのか」
そんなことを考え、あちこちを読んでいる間に時間が過ぎた。
陰で画策している人、利権で動いている人、様々な裏社会の一面を見たような気がする。

これでは、マスコミはいらないと思わせるような、迫力である
しかし、このtwitterも、利用の仕方によっては、善悪両方に多大な影響を与えるのだろうね

怖い世の中になった。