「青龍麺ってなに?」と、よく言われる
当たり前だ。壁掛けメニューの一番上に載っている。

本当は、早くやるつもりだったが…
麺もメーカーも決まらず、スープの味も今ひとつ。気が乗らない。

そこでこんな改良を加えた
麺は、中力粉の南部小麦。本来は強力粉なのだが中力粉なので腰がない
(本来国産で強力粉はできない、中華麺のほとんどが海外産小麦である)
それを細く縮れさせ、冷凍して短時間でゆであげることでカバーした。(堅めの細麺である)

そして梅さん曰く「どひょぉ〜ん、としている」と言うスープは、
田んぼから引き上げた鴨をばらしたガラをぐつぐつと煮て、野菜をたっぷり入れて出汁をとり、隠し味のしょっつるで、締めた。
すこし鴨の風味が薄れたが、しっかりとした昔風の味に仕上がった。

上に載せるのは、盛岡で唯一の手づくりかまぼこ店である丸三かまぼこの鳴門巻と葱。

どうだ!鴨だし青龍麺!明日から新発売!乞うご期待!