そういえば昨日、遠藤栄が姉夫婦と昼食をしていた 中央病院の帰りだという 
「肺に水がたまって明日、水を抜く」
どうりで今週。「体調が悪いから」と言って商品が出てこなかった。

彼は、昨年秋に掘り出した人参・長芋を洗って出荷している
以前から胸に痛みが、でていたらしい
「どうなの?まさか手術とか入院とか、そんなに長引くの?」
「明日の採取した水を検査してからだ。今困っているのはトルコの 種まきだ」
彼はお盆に、盆花で小菊とトルコを出荷している。

「今、種まきしないと盆に間に合わないし…と言って人を頼んで播 いてもらっても、入院なんかになると手がかけられない」
お姉さんが「土が用意できているなら播いてあげるよ」と言っているが…

彼は2町歩の畑に、人参・長芋・ごぼうを主力にしている
ハウスでは、トルコキキョウや花鉢苗などを作っている
あちこちと3軒の産直に出荷をし、農協に出しているより1.8倍 の売上になったという
農協なら箱詰めして、週に2〜3日出荷をすればいいが、産直だか ら小袋につめて、毎日配達に飛び回っている
年間35000km走るという。「まるで営業者だ」とお姉さんは 言うが…
お母さんと二人で通常の仕事はこなし、忙しいときにはお姉さんや 近隣の人に助けてもらう
「結婚すれば良かったのに…」とお姉さんは言うが
「今なら相手もいるかもしれないが、適齢期の時は農業なんか誰も 見向きもしない」と自嘲気味に笑った52才である

遠藤栄も困っているが、こちらも困った。
生産者が多い大型直売所なら、個人の事情など関係が無いが、こち らは厳選している生産者なので、すぐ替わりが見つからない
遠藤栄には野菜苗を主力で依頼している。誰か他に頼むべきか?
掘り出した人参や長芋は、暖かくなると腐ってくる。早めに洗わないと…
「躰が一番だから、これからの仕事を考える良いきっかけかも知れない。とりあえず結果を連絡ちょうだい」と言っておいたが…

だれか手伝う人はいないか? なんとか若い奴を探さないと…