20100219172444.jpg

買い換えた携帯カメラでの店内。 昨日のそろそろ閉店時間である。

携帯を持って、15年ぐらいになるだろうか
最初は、ほとんど持っている人はいなくて、当時車で40分ぐらいのところで畑を借り、通っていた
店との連絡をするにも、公衆電話など無い田舎である。
そこでみんなに「農家ほど携帯を持たないと…」と言って歩いたが、誰も持つ人はいなかった。
都会で携帯を持っても。3歩あるけば赤電話・青電話の公衆電話がある(もう死語だろうな)
畑の真ん中で肥料が足りなくなっても、トラクターが壊れても、パンツが破けてもだれにも連絡できない
「農家ほど携帯を持つべきである」
と当時は言っていたが、今では、小学生までも持ち、持っていないのは赤ちゃんと機械操作が苦手な末期高齢者ぐらいだ。

当時、携帯の範囲は非常に狭く、
{東北ではdocomoよりauのほうが広範囲をカバーしている。そのうちに内の方が広くなります」とdocomoの店の人が言っていた
正直ではあるが、やはり広範囲のauを選んだ
先日契約の更改をしたときに、auの人が「こんなに長期間auを利用してくれたのですね〜」と驚かれたが
ころころ携帯会社を変えるのが昨今の風潮らしい。
しかし、結局どこも似たようなサービスをし、値段も一緒になってしまうのだから、あまり変えなくても良さそうなものだが…

いつもデジカメと携帯のカメラを持ち歩いている。デジカメはblog用、携帯はtwitter用である
ところが携帯のカメラの性能が今ひとつ、おまけにデジカメの液晶画面が、「ちび丸子ちゃん状態」縦筋が入って黒い部分が徐々に広がると言う奇病に冒された
仕方がないので携帯カメラとデジカメを、なんとか一緒に出来ないか?と言う相談にAUに行ったのだが…

AUでは、メールし放題の契約にかえ、

「カメラ、いいのない?」と聞いたら、出てくる出てくる、様々な機種が
「持ち合わせがないので…」「分割でも良いですよ」
「判子ももっていない」「免許証があれば…」
「これはいくら?」「こちらの方がキーが大きいですよ」と言われて買わされてしまった。

そして最後に「このカメラの状態でポケットに入れたりしたら、どうなる?」と聞いたところ
その若い大きなマスクの女性は、きどって標準語で話していたが

「そうしますと、ポケットの中でシャッターとかがおささってしまって…」と盛岡弁で…

一瞬、目が合い、顔が凍り付いた