あちこちの酒蔵に、何度か行った。ただの見学である。
おけが一杯ならんでいて、全部試飲させてくれ、帰る頃にはふらふらになる、と言うような見学なのかと思ったら
やはり単なる見学である。まんじゅうを前に置いて、お預けさせられる子供のようなものである。
そして帰りには、いっぱい酒を買わされて帰るという羽目におちいる。くやしい!

そんなことを思い出しながら、今朝はわしの酒造の陸羽132号の仕込みに立ち会った

http://www.ken-ohashi.jp/contents/2b/dagakki3/08series/132.html
店のお客であるカメラマンが、「手作業の部分は今日だけだから…」と言って勧めてくれたのである。

今日は一番最初の仕込みで「添(そえ)」と言う。三段仕込みの最初(一段目?)である。
二段目は「中添え」最後は「留」という

一番最初に水麹をつくりそれを四日間で徐々に酵母を増やす
最初に空のタンクに、水を入れそれに酒母という麹を入れ、麹米をいれ、かけ米をいれる、
この作業の一連を見学してきた

朝6時半、松尾神社に参拝する
八幡平市松尾か?と思ったら違った
京都の酒造りの神さんらしい 

http://www.matsunoo.or.jp/index-1/index.html

それが終わると杜氏たちは、めまぐるしく動く

岩手山の伏流水の中に、麹を発酵させた米を入れ込むのである
発酵させた陸羽をさまして担いでいれるのである。

        

それから酒母という麹菌と米をじっくりと発酵させたものを入れる

                         kk

それを攪拌して温度が一定になったところで熱いかけ米を、温度を下げてからいれ、12.5度まで上げるのである

                                    

                                                                                           

                                                                                                                        

そのタンクを保温している          稲の生産者渡辺晴久君がインタビューされている

今年は陸羽132号が育種開発されてから八八年目の米寿を迎える
その記念の仕込みである

しかし、寒かった、熱燗の陸羽132を一杯やってから見学すべきだったか?