今朝早起きして、わしの尾の陸羽132号の仕込みに立ち会うために282を北上した。
厳しい寒さの中、暗い空が徐々に明るさを増していく
幸い道路に雪がない、少し遅れ気味の出発にいらいらしながらも、姫神の朝日が昇る直前の姿をとらえた

                                                                            

ようやくわしの尾の事務所に到着。社長は、還暦の同窓会で温泉に行っており、朝帰ってくると言う
     

陸羽132の一連の作業を見学して、弁当の配達があるので10時頃わしの尾をでて282を南下、一路盛岡に向かう
その途中の岩手山が、まるで寒い息を吐いているようである